南国物語の辞め時の見極め。

南国物語みたいな静かな台。沖ドキの導入で慣れた方も多いと思います。

そして辞め時も、機種の勉強をしている方は良い辞め方をしますね。

しかし、回転数のチャンスゾーンなど頭に入れて打っているのですが、いつも辞め時を失います。
理由は、上手いこと出来てるな。と感心しているのですが、南国物語に関しては、ときめきゾーン抜け後即もありですが、大体100・111回転くらいがボーダーかな?と。

そして蝶トキメキ終了後は、76回転もしくは226回転の引き戻しまでが辞め時かな?と思います。
そして、通常時にドキドキできる111・222・226・300・333回転があるのですが、そのタイミング前ぐらいに、大体追加投資になり、それがまたメダル持ちが良いので、次のゾーン付近まで回る。そうなれば辞め時を失うんですよね。そうしてる間に500付近まで来ると、もう759回転を目指してもさほど投資がかさまないので、打ってしまうんですよね。そうして苦労した759回転ですんなり入ってくれればいいのですが、それをスルーした時の脱力感はいたたまれないものがありますよね。
しかもそこまで行くと、もう天井まで回さないと気が済まない。

そして天井で当たるも、連チャンしない。そうして投資がかさむ。いつもの負けパターンです。

Post Media Link

預言者惑星2号