新鬼武者のフリーズ体験

少し人気がなくなってきたときの新鬼武者での出来事です。
本当に何気なく座った、0回転の台でした。
私の他に誰も座ってなく設定も入ってなさそうな新鬼武者の島でした。
わたしは朝イチ高確にでもならないかなぁと少しだけ期待して回し始めました。
画面は蒼鬼でしたが内部高確も考え128ゲームは回そうと思いました。
100ゲーム目でステージが茜になりました。
ステージチェンジして1回転目で茜の抜刀演出で紫が出て強スイカが揃いました。
そのすぐ後お宝演出が始まり、結果はお宝とれず。
ですがすぐに百鬼に入り、松明演出にてレインボーでした。
すなわち確定です。
わたしはとりあえず持ちメダルができたので少しホッとしながら青7を揃えました。
ビッグの消化中に事件が起こりました。
レバーオンと共に画面が真っ暗になりリールも動かなくなりました。
…フリーズでした。

 

青7が揃いました。
回りの人もビックリしていました。
もちろん蒼剣ラッシュに入りましたが、上乗せが少なく話数だけどんどん進みました。
けれど10話位から様子が代わり300乗せたり100も数回乗せたりと波に乗ってきました。
でもすごかったのはビッグ確率でした。
終始100分の1位をキープしていました。
枚数も8000枚オーバー、エンディングも見れて大満足な結果となりました。
ちなみに子役等を数えて設定予想したところ、設定2ではないかと思いました。
決めてはビッグの回数と上乗せの仕方です。
偶数は蒼剣ラッシュに入りづらく、ボーナスが主体となるからです。
わたしの台のビッグ回数は32回でした。
ビッグも引けてラッシュも途切れることがなく、フリーズの恩恵もきちんと実感できました。

Post Media Link

預言者惑星2号